fc2ブログ

「メタモルフォーゼの縁側」

 「メタモルフォーゼの縁側」を観に行きました。
映画館はガラガラだろうと勝手に思っていたら、土曜日の昼時ということもあったかもしれませんが、席は9割がた埋まっていました。
 また、鶴谷香央理さんの漫画「メタモルフォーゼの縁側」が原作で、BL(ボーイズラブ)が話のメインで出てくるので、観客の8割が女性でしかも若い女性の人が多かったです。
 なおかつ、いつもは感動作を観ると涙が出る私ですが、今回は涙を流すことなく心地よく観ていると、両隣の女性が、映画の最後の方で涙を拭いているのがわかり、年齢や感性の違いを感じました。

 話は、芦田愛菜さんと宮本信子さんの共演で実写映画化し、ボーイズラブ漫画を通してつながる女子高生のうらら(17歳)と老婦人の雪(75歳)の交流を描いた人間ドラマです。
 毎晩こっそりBL漫画を楽しんでいる女子高生のうららと、夫に先立たれ孤独に暮らす老婦人の雪。ある日、うららがアルバイトする本屋に雪がやって来ます。美しい表紙にひかれてBL漫画を手に取った雪は、初めてのぞく世界に驚きつつも、男の子たちが繰り広げる恋物語に魅了されていきます。
 BL漫画の話題で意気投合したうららと雪は、雪の家の縁側で一緒に漫画を読んでは語り合うようになり、立場も年齢も超えて友情を育んでいきます。

 『メタモルフォーゼ』とは、ドイツ語で「変化、変身」のことです。
 自分自身変わりたいのになかなか勇気がない17歳の女子高生のうらら、生きる活力がなくなった75歳の雪、二人は知り合って、日常がすごくキラキラと輝いていきます。
 芦田愛菜さん、宮本信子さんの役柄、演技がとても良く、本当に心地よく観ることができました。
芦田愛菜さんは、溌溂さと悩みをかかえた女子高生役を本当にビタッとはまって演じていました。
宮本信子さんも昔の「マルサの女」などの時の演技からまた一段とアップして、切なさ、かわいさ、優しさ、老いなどの人生のすべてを表現し演じていました。

 夢中になれることがあることの素晴らしさ、年齢が全く違うのに好きなことが一緒で友達になれることの素晴らしさ。
人間、年齢関係なく生きがいがあれば新しい発見もあり生きる活力も湧くということがよくわかる映画で、今回も素晴らしいひと時を過ごすことができました。

 映画が終わり、場内を出るとき、後ろの若い女性2人組の一人の方が、「なかなかいい映画だったね。ただ、うららの相手役の男子高校生はもっと地味な方が原作にもマッチしていたね」と話をしていました。
 やはり原作を読んだ方がいいのはわかりますが、今回は原作を読むことは無いでしょうね(笑)
ポスター ポスター

女子高生・うらら(芦田愛菜さん)、老婦人・雪(宮本信子)さん 女子高生・うらら(芦田愛菜さん)、老婦人・雪(宮本信子)さん

原作漫画 原作漫画

スポンサーサイト



高校時代の友人との飲み会

 昨日、高校時代の友人との「飲み会」がありました。
 お店は、浦和駅西口から徒歩10分ほどの次女がバイトをしているところで、「前菜、チーズフォンデュ、パスタ、アイス」など、色彩豊かで、味も美味しかったです。
 特に、チーズフォンデュは「パン、じゃが芋、ブロッコリー、人参」などを、2種類のチーズに付けて食べましたが、チーズの風味ととろみが食材によく絡まりとても美味しかったです。

 写真の向かって右が私で、中央は3年間同じクラスだったW君、右端が卒業以来40年以上ぶりに会ったT君です。
 W君は、高校卒業後も気の合った仲間4,5人で定期的に会い、飲み会をし、旧交を温めていました。
 T君は、3年次に同じクラスで、卒業式のすぐ後に何人かの仲間と卒業お祝いの飲み会を行い、T君が酔いつぶれ、私の家に泊まったそうです。
 私は全くその飲み会やT君が酔いつぶれて私の家に泊まったことなどを覚えていませんでしたが、彼ははっきりと覚えていて、その時の御礼がやっと言えたと笑ってました。
 高校時代の授業・友人・麻雀・行事のことなど、あっという間に楽しく話をして飲んで食べた2時間半でした。

 ところで、3人とも法学部で、T君は推薦で上智大学に行ったことを、この席で初めて知りました(忘れていただけかもしれません)。そして、W君は早稲田、私が慶應なので、早慶上智が揃いました。私は一浪ですが、、、、(笑)
 
 W君は、T銀行に就職後、一念発起して司法試験を目指し見事合格、『弁護士』として現在東京神田で事務所を構えています。
 T君は、N自動車関連会社に就職し、人事畑で様々な訴訟案件を扱ってきたそうです。そして、退職後は家業を継ぎ、さらに『裁判所の調停委員』をやっています。
 教員をやっていた私が一番法学部から縁遠いですね(笑)

 お店のスタッフの方々にも次女がバイトしているということで、料理や飲み物など気を使っていただきました。とにもかくにも楽しいひと時でした。
 また、近いうちにいつも定期的に会うメンバーとも「飲み会」を開きたいと思います。
記念写真 記念写真(向かって左からT君、W君、私)

「トップガン マーヴェリック」

 「トップガン マーヴェリック」を観ました。
 第1作も1986年の日本公開時に観ました。そして、第2作は、第1作以上の『出来の良さ』で、とても感動しました。
今年で60歳のトム・クルーズのカッコよさ、戦闘シーンの迫力、人生と人間模様の機微など、どれをとっても娯楽作として素晴らしかったです。
 
【あらすじ】
 伝説的なパイロットとして名を轟かせるマーヴェリック(トム・クルーズ)。かつて、相棒であり親友でもあったグースを訓練中の事故で亡くし、「自分のせいだ」と悔やみ一時は絶望のどん底に沈んだが、復活を遂げ、出世することはなかったが現在まで数々の武勲・功績を挙げてきた。
 そんなマーヴェリックが、『鉄壁の防御を誇る某敵国のウラン濃縮施設を破壊する』という最重要任務の教官に着任し、トップガン”を卒業したてのエリート12人の若者を訓練し、そのミッションに送り出すことになる。そのなかにはグースの息子であるルースターも名を連ねていた。ルースターはマーヴェリックを恨み、彼と対峙する。
 そして、任務の余りの困難さのため教官であるマーヴェリック自身がリーダーとなりこのミッションを遂行することになるが、、、、

【感 想】
 飛行シーンはCGを使わず戦闘機はすべて本物。これは製作も務める主演トム・クルーズが海軍へ足を運び、海軍の協力をとりつけて、本物の戦闘機を使用した空撮を可能にしたそうです。
俳優たちも実際に戦闘機に乗り込み撮影。これも5か月に及ぶ長期間の訓練を経て、リアルな演技を実現させたとのことです。
 本物にこだわった理由は、マッハで飛行する戦闘機での人体に対するGフォースの影響を、CGなどで再現せず“本物”で撮りきろうとしたからだそうです。
 俳優たちは本作で7.5Gから8Gにさらされ、視界は閉ざされ、内臓は押しつぶされ、血液は脚に向かって流れ、顔面は歪む、そんなGの本物の力を観客に見てもらい特別な映画体験してもらいたかったとのことです。
 トム・クルーズは前作「トップガン」でも実際にF-14戦闘機に登場していますが、この時はF-14のコックピットにいただけでした。
しかし、今作では、「P-51は実は僕が所有する戦闘機なんだ。だから自分で操縦したし、空での戦闘シーンは前回よりずっと多かったけれど、すごく楽しかった」とトム・クルーズ自身語っています。
 今作のヒロインとも言えるペニー・ベンジャミンは、海軍基地にほど近い海岸でバーを経営するシングルマザーですが、実は前作「トップガン」にも登場していたそうです。私は全く思い出せませんでした。
 前作で、グースの妻キャロル(メグ・ライアン)が、マーヴェリックに「あなたペニー・ベンジャミンにすごかったんですって? みんな聞いた。ほかの子のことも全部聞いている」と話してます。つまり前作では名前だけの登場でしたが、続編ではメインキャラクターという仕掛けになっていました。
 また、前作「トップガン」では、訓練生は男性で構成されていましたが、今作ではフェニックスという女性が印象的な活躍を果たしており、まさに“時代の流れ”を感じさせました。これは1993年にアメリカ軍が女性パイロットの戦闘禁止を撤廃し、女性も男性と同じように空母を離着陸できるようにしたからです。
 前作でマーヴェリックのライバルだったアイスマンも再登場します。バル・キルマーが続投しましたが、彼は2017年に喉頭がんで闘病していることを公表しており、以前のような発声が困難となっていました。
 しかしトム・クルーズが出演を強く望み、キルマー自身も同様に出演を熱望したこともあり、アイスマンが喉にがんを患っている設定に変更。マーヴェリックとの会話は、主にテキストを通じて行われました。
 クルーズは「僕はこの映画で、マーヴェリックとアイスマンの関係性を発展させたかった。そしてもう一度、バルと仕事することがとても特別だった。彼と一緒に座っているだけで胸がいっぱいだった」と語っています。
 キルマーは発声が困難な状態でしたが、それでも劇中で二言ほど肉声を発しました。この声は米ソナンティック社の人工知能が、キルマーの音声モデルをもとに生成したものだそうです。

 「これは無理だろう」と思える設定もいくつかありましたが、トム・クルーズの長年の思いと苦労そして努力が詰まったこの作品は、前作を超えるエンターテインメントとしての素晴らしさがはっきり伝わるものでした。

ポスター ポスター

飛行シーン 飛行シーン

試写会 記念試写会



テニス練習後の記念写真2枚

 関東も気象庁観測以来最も早い梅雨明けとなり、さらに連日の猛暑の中、体を守るため、仕事、テニス、買い物などを除き、なるべく自宅から出ないようにしています。

 ところでブログに乗せるのが遅くなりましたが、10日ほど前、外部指導をしているK女子ソフトテニス部1・2年生の写真が部長からラインで送られてきました。
 5月からこの1・2年生の代になり練習をしてきましたが、全員がそろったことがなく、
漸く10日ほど前の練習で私がいなかったときに全員が揃い、部長が硬式テニス部の部員にお願いして全員の写真が撮れました。
 1年生3人、2年生6人ととても少ない部員数です。加えて、技術的にもまだ厳しい部員が多く、かつ、全員が集まる日が少ないいうことで、なかなか厳しい現状です。
 しかし、ぼやいていても何も始まらないので、とにかく一歩一歩着実にできる練習を積み上げるだけです。
健康管理に気を付けながら、地道に頑張り、頑張らせます。
K高校女子ソフトテニス部1、2年生 K高校女子ソフトテニス部

 そして、その写真が送られてきた2日後に自分が所属するテニスクラブの月1回程度の練習がありました。
この日もなかなか厳しい暑さの中での練習でした。乱打も10分ほどで汗びっしょりになってしまいました。
基本練習、ゲームと型通りに3時間ほど行い、午後4時ごろ記念写真を撮って帰りました。
 楽しくテニスをやる教え子、後輩、仲間がいることが嬉しいです。やはり、健康第一で続けていきます。
記念写真 所属クラブの記念写真

「朝マック、給油、テニスシューズ、次女のお粥など」

 昨日、休日でしたが1日中動き回っていました。

1 朝一で、スーパーの「OK」、「ジャパンミート」で、食パン、冷食、ヨーグルト、お菓子、飲み物などの買い物
  ※35度越えになり『清涼飲料水、アルコール飲料』の購入が増えてます。


2 次に、久しぶりにマックに行き、朝食で「朝マック(ベーコンエッグマックサンド、ハッシュポテト、アイスコーヒー)」
  ※たまに食べるマックは美味しいですね。食べながら次の給油へ

3 給油(いつものエネオスで、土日Tポイント5倍、+ボックスティッシュ3箱付き)
  ※リッター166円、2円引きの会員価格でも164円、35リッター入れて5800円、高いですね、、、、

4 先輩が店長のテニスショップでテニスシューズを購入
  ※7000円のシューズでしたが、『型落ち』ということで4150円に割引してくれました。

5 妻の実家のお義母さんのところに『お菓子とアイスコーヒー』を持っていきおしゃべり

6 昨日ワクチン注射(ファイザー)を打った次女が高熱と頭痛で寝ているので、「ヤオコー」で「お粥とフルーツ」を購入
  ※ファイザーで38度を超え、頭痛と悪寒があるのは、抗体が活発に作られていて若いという証拠ですね。

7 自宅に戻りちょっと休憩。妻のヤマトでのパートが遅くなりそうなので、「ロピア」で夕食の「和食弁当」と「鰻弁当」を購入
  ※1日で、スーパーを4店舗、回りました(笑)

朝マック 朝マック

給油 給油

テニスシューズ テニスシューズ

お粥、フルーツ お粥、フルーツ


プロフィール

温泉三昧

Author:温泉三昧
2021年でブログを始めて7年が過ぎました。
プライベート・テニス・仕事等、徒然に書き綴っています。
(写真は宝川温泉です)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR